【テクノロジー】子どものうちに教えておきたい、科学技術の正しい活用法

ニュース

美輪明宏さんと言えば、ヨイトマケの唄である。日本の高度成長時代の厳しさと哀愁が漂うが、将来への希望をもたせてくれる歌でもあった。貧しい母子家庭の子どもが懸命に努力して、日本経済の成長を担う人材に育っていく、彼を必死に支えてくれた母親への、切ないまでの愛惜に満ちた詩とメロディには心を打たれる。

出典 from Fobus

当時の花形職業は技術者であった。エレクトロニクス、船舶、自動車、土木・建設などいわゆる理系のお仕事だ。1970年当時の小学生がなりたい職業は、男子のトップがエンジニアで、パイロットと電気技師も上位5位以内に入っている。これが2018年には科学者・研究者はかろうじて10位、ユーチューバーよりグンと下位である。女子では、1970年はもちろん、2018年にも技術系は顔を見せない。

日ごとに激化しているのがグローバルな科学技術競争である。米国と中国は、最先端技術の分野で猛烈なバトルを繰り広げている。CO2削減技術などでは欧州が優勢だ。残念ながらこれらの分野で日本は劣勢にあり、危機感が高まっている。大学や研究機関と企業の研究開発部門へのヒト、モノ、おカネの供給を格段に増やすべきことは言うまでもない。

足元の対応以上に大切なことは長期的な視点、とくに子どもたちに科学を身近で面白い存在にしてあげることだと思う。

ヨイトマケの唄の時代に、子どもたちは鉄人28号や鉄腕アトム、それにテレビドラマの「少年発明王」が繰り出す発明品の数々に魅了された。私と友人たちは、模型レーシングカーに搭載するマブチモーターのコイルを巻き直したり、Uコン機の小型エンジンの燃料を工夫したりと、愛車、愛機のパワーアップに夢中になっていた。理科室では、500倍の光学顕微鏡の薄暗いレンズで、プレパラート上を動き回る微生物の姿に喚声を上げたものである。

同時に、高度成長の深刻な矛盾を目の当たりにしていた時代でもあった。どす黒くよどんだ横浜港や多摩川から見るねずみ色のスモッグに覆われた東京、大腸菌だらけの湘南の海。夢の膨らみと環境破壊が同居する様が子ども心に刻まれていった。

あれから半世紀余り、現在は往年以上に厳しい時代かもしれない。SF小説顔負けの高度情報化社会が日進月歩で、人々の生活は便利で豊かになった。しかし、経済格差と価値観の分断が深刻で、「世界は一つ」の理想から遠ざかるばかり。環境問題は地球を破壊しかねないレベルに来ている。科学の発展が、人間の存在意義に難問を投げかけているかのようである。

そうであればこそ、余計に科学技術の正しい活用法を身につけていく必要がある。人間だけではなく、環境と地球が求める科学でなければならない。SDGs(持続可能な開発目標)の含意だ。この感覚は幼いころから養っていかないと簡単には出てこない。

幸い教育材料は日々の生活の中にあふれている。なぜ電子レンジで料理を温められる? 写メの仕組みは? 水素でどうやって自動車が動く? 太陽光でなぜ発電できる? 等々、皆、科学技術の塊だ。

また、先端技術は人類専用ではないこと、人間が地球エコシステムの構成員として科学技術を生かしていかなければならないこと、を体感できる環境を与えたい。これこそ大人の責任だ。

加えて、ここでも女性の活躍を引き出したい。大学卒業生に占める女性の割合は、理学系で約25%、工学系では12%強に過ぎない。理学系では英国の、工学系では韓国の半分の水準だ。かくして、女性の科学専門人材比率は主要国で最も低い。大学も努力を始めた。

例えば、東京大学工学部は女子学生を積極的に増やしていこうと、民間企業の協力も得て真剣に取り組んでいる。

思えば、女性のノーベル賞受賞科学者はキュリー夫人だけではない。特に生理学、医学では女性の存在感が大きい。ノーベル賞受賞を狙う、あるいは地球と共存共栄の先端技術を切り開く、女性リーダーいでよ、と叫びたい。

美輪明宏さんは、周囲から馬鹿にされグレかけた主人公の成人した姿を横溢する感性で歌い上げる。

「いまじゃ機械の世の中で、おまけに僕はエンジニア……苦労苦労で死んでった、母ちゃん見てくれこの姿」。

今の日本では、もっともっとエンジニアが欲しい。女性が存分に力を発揮するプロフェッションであっても欲しい。そして何よりも「地球よ見てくれこの姿」と詠じられるエンジニアであって欲しい。

PAGE TOP