【アプリ】スマートフォンアプリのための最適な収益化戦略

ニュース

スマートフォンアプリのマネタイズには、大きく分けて、有料アプリを販売してユーザーから料金を徴収する「課金モデル」と、アプリ内に広告枠を設置して収入を得る「広告モデル」の2つの手法があります。

スマートフォンのアプリストア(App Store、Google Play)で利用可能なアプリの大部分は無料です。今現在(2021年)、有料アプリをリリースするのは間違いなくユーザーのニーズに合致しておりません。代替できる無料アプリが多く存在するので、ユーザーがお金を払ってまで有料のアプリを購入するには、相当の独自性やユーザーからの支持を得ないと成功できません。

有料アプリの販売価格は、Google Playでは99円〜2万円、App Storeでは100円〜9万8800円の間で設定できます。

無料アプリであれば、試用も出来ることからより多くのインストール数を獲得でき、有料アプリよりも収益を上げるようなマネタイズ方法はいくつかあります。


① アプリ内広告

ユーザーからお金を徴収せずに収益化することができるため、とてもメジャーになってきています。アプリ内広告の場合、アプリ自体は無料でダウンロード可能です。ユーザーベースを作ることで、広告価値が高まり広告出稿企業が運営企業に広告費を支払います。

広告内容がアプリに関連のあるもので、かつユーザーにとってパーソナライズされたものだったとき、アプリを使うに際して広告など気にしないでしょう。しかしながら、アプリ内広告は1ユーザーあたりの収益が少ないので、ユーザーベースがしっかりできていないと収入化に至りません。

② アプリ内課金

ユーザーが無料でダウンロードして試用した後に追加機能などに対して課金する収入化方法です。

メリットは、ユーザーに課金させる前にアプリ自体を試す機会を与えられることです。多くの場合、ユーザーがアプリを使用し価値を感じた時は追加機能に課金してくれます。

デメリットとしては、アプリの有料機能が受け入れてもらえなかった場合、収入機会を逸してしまいます。また、積極的にアプリに課金するユーザーはほとんどいないことを考慮すると、無料でユーザーを楽しませるような機能を充分据え置かなければユーザー自体を確保できないこともあります。

よって他の機能にお金を払う意味を持たせなければならないということです。無料機能を与えすぎてしまうと、結果として収入化の問題が出てきます。この場合、ユーザーは快適すぎてアプリ内課金をしなくなるのです。そのため、無料機能の数を決めるときは慎重にならなければなりません。

アプリに(ゲームのような)段階があるときや、アクティブユーザーが喜んで課金するような追加機能を提供できているときがこのモデルの成功例です。

③ スポンサー契約

この収入化モデルの実現は一番難しいですが、企業にスポンサーになってもらうことが最も効果的な方法になります。

この収入化モデルには明確なメリットがあり、それはユーザーのアプリ導入の障壁を最小限にすることです。全てのユーザーが得をします。運営企業がスポンサー企業から投資を受けて、スポンサー企業は潜在顧客に企業イメージや名前を売ることができ、ユーザーは広告の少ないアプリを無料でダウンロードできるのです。

このモデルの難しいところは、スポンサー契約を結ぶためのアプリ戦略とユーザーベースが備わっているかということです。
アプリが便利でスポンサーに利益をもたらすということをスポンサーに信じさせるには、強いブランド力と洗練されたアプリのユーザーのデータが必要です。

④ サブスクリプション

無料アプリを提供しますが、ユーザーがより楽しむための有料コンテンツを含ませてユーザーの有料コンテンツへの課金で常に収益が入ってくるシステムがこのモデルの魅力です。

但し、ユーザーに常に新鮮で質の高いコンテンツを提供することが大切で、失敗するとユーザーや収入を失ってしまうリスクもあるのです。

成功するとメリットとしては忠実なアクティブユーザーを抱えることができ、質の高いコンテンツを提供している結果です。
逆に難しいのは、ユーザーが継続的にサービスに支払い続けることになるので、価値がないと判断されると無料利用及びアプリの消去に繋がることです。


結果的には「アプリ内広告」「スポンサー契約」を実施できているアプリが、ユーザーにとっても有り難く、運営側にとっても長期的に見て最強で安定したマネタライズといえそうです。

現在使用している無料アプリに「アプリ内広告」が出てきたときは、アプリのユーザーベースが拡大しアプリの価値が上がっている証拠なので大いにアプリの発展に期待大であると言えます。

逆に有料アプリが金額を上げてきたり、「サブスクリプション」を実施し始めた時はユーザーベースが落ちてきて収入化が崩れてきている兆しとも考えられます。価値が本当にあるかを再確認してみましょう。

PAGE TOP