【ビジネス】英規制当局がフェイスブックのGiphy買収を調査する理由

ニュース

Enrique Dans氏が Forbesで「2021/04/12 17:00」に投稿した内容がなかなか興味深い。

Giphy(ギッフィーと発音する)は、2013年創業のニューヨークに本拠を置く非公開企業。ユーザーは自作のGIFアニメを投稿したり、投稿されたGIFアニメを検索して自分のSNS投稿などにエンベッドしたりできる。1日当たり100億点以上の作品(GIFやスタンプ)を、7億人以上のユーザーに提供している。GIFアニメは、絵文字と同様に、驚きや怒り、笑いを表現するために利用される。

from Forbes【出典元】

全文抜粋して掲載いたします。

2013年2月のこと。アレックス・チュン(Alex Chung)とジェイス・クック(Jace Cooke)は、のんびり朝食をとりながら、ウェブでの会話はたいていはつまらないと話していた。そしてこれをきっかけに、2人はアニメーションGIFの検索エンジン「Giphy」をつくろうと思い立った。

のちにこのシンプルなアイディアが、ウェブ上でもっとも訪問数が多く、成長の速いサイトのひとつに変貌するとは、当時の彼らには思いもよらなかった。それでも、開設後1週間で100万人以上のユーザーを獲得したことで、彼らも手応えを感じた。

8月には規模を拡大した。最初にフェイスブック、続いてツイッターのユーザーが、ウェブでの会話のなかに、さまざまな感情や概念と関連づけた短い動画を挿入できるようになった。そして、250万ドルの資金調達を終えた後には、さらに多くのサイトがそれに続いた。

2度目の資金調達ラウンドでの評価額は8000万ドル。その後も同社は、機能の追加や、他社の買収を行いつつ成長を続けてきた。2016年には、アクティブユーザーが1億人を突破し、1日に10億以上のGIFが投稿されるようになった。ユーザーは同社の「コンテンツ」を、1日に計200万時間も視聴するようになっていた。

2人の最初の直感は正しかった。会話は退屈なものだが、アニメーションGIFは楽しさを加えてくれる。それだけでなくGIFは、ほぼすべての言語話者が簡単に理解できる、感情のユニバーサル言語となったのだ。

グーグルは2018年3月、類似の小規模サービスであるTenorを買収した。そして2020年5月15日、ついにフェイスブックがGiphyを総額4億ドルで買収し、その機能をインスタグラムと統合すると発表した。

Zoomなど一部のアプリケーションは、Giphyとの連携を一時的に停止したが、インスタグラムのディレクター、アダム・モセリは、個人情報保護規制が運用上のハードルになることを予見し、「買収はデータとは無関係だ」と主張した。

しかし英国の競争・市場庁(CMA:日本の公正取引委員会に相当)は2021年4月1日、この買収に関して調査を実施すると発表した。同庁が行った予備的調査での結論によると、フェイスブックはGiphyを所有することで、この種のコンテンツフォーマットの供給を支配し、それによって、他のソーシャルプラットフォームがフェイスブックの支配と競争する可能性をコントロールするだけでなく、フェイスブックがユーザー個人や、競合するソーシャルプラットフォームの利用動向に関するデータを収集する手段を手にする可能性があるとされた。

Giphyは現在、ツイッター、スナップチャット、スラック、レディット、TikTok、バンブル(Bumble)、ペイパル、シグナル(Signal)などあらゆるサイトに組み込まれている。そして、フェイスブックが自社サービスのAPIや統計データを利用して、競合ツールの利用状況に関する非公開情報の入手を試みるのは、これが初めてではない。

あなたがフェイスブックやサードパーティーアプリで使うアニメーションGIFから、フェイスブックはあなたについて何を知るのだろう? 彼らはそのデータを何と結びつけるのだろう? もしも買収が撤回されたら、フェイスブックはすぐさま類似の自社サービスを開発し、普及させるのだろうか?

少し前なら、こうした買収が規制当局の目に止まることはなかっただろう。だが、巨大テック企業の活動に対する規制に関心が高まっている現在では、状況は異なる。あらゆる取引がより厳しく、徹底的に精査されており、市場のリーダー的地位を強固にする方向に作用するであろう、さまざまな副次的影響についても評価されている。

圧倒的な資金力を持つ巨大テック企業各社は、ネットで見つけたどんなものでも、買収するかコピーするかして、すぐに自社の戦力に変えることができる。イノベーションと競争という面から見て、こうした状況は問題であり、だからこそ英国当局は調査に乗り出した。

ソーシャルネットワークの絶対的支配者が、ウェブ上のあらゆる表現やコミュニケーションで最も人気がある、アニメーションGIFの検索・選択のリーダー的企業を買収するのだ。気楽にとらえてなどいられるだろうか?

PAGE TOP