【ビジネス】不況こそイノベーションを生み出す最適なタイミング

ニュース

現在、世界的に下記の経済縮小のニュースが叫ばれています。

・新型コロナウィルス(COVID-19)の拡大で世界的にGDPが低下
・国家がお金を刷りまくった結果、インフレ、ハイパーインフレの懸念

しかしながら、

歴史的には多くのビジネスやサービスが不況の最中に生み出されている。

現在でもユーザーに愛されている多くの企業やブランド、製品のその多くは景気が良い時よりも世の中に大きな変化がもたらされた時期にリリースされたケースが少なくない。

まさしくニューノーマル時代の幕開けが今年の夏から始まりそうな気配がしています。

ニューノーマル(New Normal)を直訳すると「新しい常態」という意味になります。社会に大きな変化が起こり、変化が起こる以前とは同じ姿に戻ることができず、新たな常識が定着することを指します。「新常態」とも呼ばれます。

ベンチャーキャピタルもここ1年間の不況を受けて、潤沢な資金を注ぎ込むビジネスを世界規模でリサーチしてます。

不況の時こそ世の中に本当に求められる消費やサービスだけが生き残ることができる。そうなってくると、その時期に生き残った企業は、その後大幅な成長を達成するポテンシャルを秘めている。

今日のような景気後退の中でも、未来のトップブランドになる企業がスタートを切っている可能性もあるということとだ。

一つ確実に言えるのは、

変化は必ず訪れるし、企業は常にそれに対応していかなければならない。

ちょうど100年に一度の大きな変化が今年訪れたということで、近いうちに産業の新陳代謝が急激に進むことが予想されます。


参考記事:不況に強いビジネスと成長した企業から学べる4つの教訓とは Brandon K. Hill from btrax.com

参考記事:withコロナ/afterコロナにおける New Normal 9大テーマとは? from INTAGE Inc

参考記事:ニューノーマルとは?ポストコロナ時代の新たな働き方とその課題 from i-Learning

PAGE TOP